« 満開の桜をあとにして。 | トップページ | 初心、研究者としての出発に立ち戻り »

2007年3月31日 (土)

「集団自決(集団死)」は強制か〜証言者の声に耳を傾けよ〜

Book 「集団自決」を心に刻んで―沖縄キリスト者の絶望からの精神史

著者:金城 重明
販売元:高文研
Amazon.co.jpで詳細を確認する

その時代を生きていた人が鬼籍に入っていくのをいいことに、次々と真実をねじ曲げようとする者がいる。しかも、姑息な手段を使って、である。微妙に表現を変えながら、いつの間にかそれを既成事実にしていこうとしている。

住民を守るといいながら、結局のところ、己のみおめおめと生き延び、住民を見殺しにした。それだけで、軍人として恥じいるべきであろう。──そう、わたしが考えているのは、軍人は道徳的倫理的存在であるという単なる先入観のなせる業である。軍人に道徳や倫理、節操を期待してはならない。そんなものは、ハナからないのである。それを証拠に、沖縄・慶良間諸島の守備隊の責任者は戦後生き延びて、自らの名誉を守ることに汲々としてきた。
(※「軍人のなかには例外的な存在もある」というような中途半端な留保はこの際つけないことにする。)

もうそのような者のことはどうでもいい。いずれ、天罰が下るであろう。また、教科書にどのような「捏造」がなされようと、わたしたちは恐れはしない。元来、「正史」とはそのように恥知らずの歴史でもある。

むろん、それらをひとつひとつ糾していくことは重要なことではある。が、それ以上に、証言者の証言をできるだけたくさん集めることである。そして、その人たちが戦後どのように生きてきたかを顕彰していくことである。

恥知らずにも、おめおめと生き延び、生き恥をさらしてでも、自らの名誉のみに固執し続けるもの戦後の人生。その哀れな生き様と、絶望の淵にたちながら、生き続け、なお、発言し続ける人の人生の輝きを比べてみればいいと思う。軍人・元軍人は戦争が終わっても、なお、民間人をまもらない。国家の過ちを隠蔽することで自らの名誉を軍や国家のそれに「偽装」して守ろうとしているだけだ。それに引き替え、自ら愛する肉親の命を奪った「罪」を告白しながら、その贖罪のために生き抜いた人の日々の崇高さ。

答えは、歴史が、自ずから出してくれると、わたしは信じている。

 

|

« 満開の桜をあとにして。 | トップページ | 初心、研究者としての出発に立ち戻り »

本の紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33092/5936121

この記事へのトラックバック一覧です: 「集団自決(集団死)」は強制か〜証言者の声に耳を傾けよ〜:

« 満開の桜をあとにして。 | トップページ | 初心、研究者としての出発に立ち戻り »