« 違和感、「ひとつなる“われわれ”」は……… | トップページ | 「学」は、なにをなし得るか。 »

2007年4月 5日 (木)

訃報 T先生

敬愛するT先生が亡くなられた。享年63歳。まだまだこれからの研究者であった。T先生は長年京都である研究所の研究会を運営されてこられた。わたしも石井十次研究会の当初からずいぶんお世話になった。このごろは、家庭の事情や職務(研究に関係のない雑務)が煩多のため、研究会からは足が遠のき、ここ3,4年ついぞお会いしてお話しすることもなかった。

T先生は、とても几帳面な方だった。ある種のこだわりをずっと持ち続けておられて、そのすさまじい記憶力には驚嘆していた。優しくて、とても、厳しい方だった。研究会のあと、参加者といつも連れ立っていった中華料理屋はもうずいぶん前に閉店したと聞いています。そのときの先生との実に他愛もないおしゃべりの数々で、どんなにか心が温かになったことか。生真面目だったけど、とてもユーモラスな先生でした。そして、わたしは、その研究会の場でかけがえのない人に出会いました。これは先生のおかげではなかったけれど、でも、先生の意思がわたしたちふたりを出会わせてくださったとも思います。

その先生がもうこの世に居られないことが、いまだに実感として自分のなかで諒解できていない。

それから、訃報を聞いてから自分の沖縄の研究について早くかたちにして、先生にお見せすることができず、返す返すも、残念でならない。

先生。実は、明日、あさってと、わたしはしなければならない仕事があるのです。だから、先生のお通夜にも告別式にも出席することができません。今日は、ひとりで先生を偲びます。少し泣くかもしれませんが、ご容赦下さい。こころに穴が開いて、頭のどこかが痺れています。

帰天された先生。また会う日まで、安らかにお眠り下さい。

|

« 違和感、「ひとつなる“われわれ”」は……… | トップページ | 「学」は、なにをなし得るか。 »

訃報」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33092/5986485

この記事へのトラックバック一覧です: 訃報 T先生:

« 違和感、「ひとつなる“われわれ”」は……… | トップページ | 「学」は、なにをなし得るか。 »