« 痴漢と憲法 | トップページ | 「戦闘用ではなく………」 »

2007年6月23日 (土)

戦争はいつ終わったのか〜6月23日、沖縄戦「慰霊の日」によせて〜

戦争は、いつ終わったか。これに答えるのは、どの戦争でも、実は難しいことである。

きょう、6月23日は、沖縄では「慰霊の日」である。この日は、沖縄戦の終結の日とされているが、それは、1945年6月22日、牛島満沖縄守備軍司令官と長勇参謀長が沖縄南部摩文仁(現糸満市)の司令部壕で「自決」し(沖縄“守備”軍による組織的抵抗の終了)、翌日、日本本土の大本営が沖縄戦の終結を宣言した日である。しかし、牛島司令官は「爾後各部隊ハ各局地ニオケル生存者ノ上級者コレヲ指揮シ最後マデ敢闘シ悠久ノ大義ニ生クベシ」問最後の命令を発して「自決」したため、その後も戦闘は続いき、それによる犠牲者は増え続けた。

つまり、戦争はまだ終わっていなかったのだ。あるいは、同年4月の早い時点で米軍の捕虜になった人びとは、その時点で個人的には「終戦」を迎えていたのである。しかし、それは単に戦闘の恐怖から一時的に解放されたというだけのことで、完全なる平和のが実現したということでは、決してなかった。

さて、沖縄にとって1945年8月15日は「終戦」を意味しないことは、すでにここで述べた。が、最近読んだ論考(立花隆「私の護憲論─安倍改憲政権に異議あり─」『月刊 現代』2007年7月号)にはこうある。

 

月刊 現代 2007年 07月号 [雑誌] Book 月刊 現代 2007年 07月号 [雑誌]

販売元:講談社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

 八月十五日が終戦記念日だと思っているのは、世界中で日本人だけです。日本人以外のひとが終戦記念日にしているのは九月二日です(p30)。

9月2日とは、戦艦ミズーリ号上で日本が降伏文書に署名した日だ。8月15日に「玉音放送」により日本国内に「終戦」が伝達されたが、前線の兵士には当然のことながらその命令がしれることがなかった。そのため、前線にいた兵士に「終戦」を知らせるため必要な日数がとられた。その結果が、9月2日の降伏文書の調印になったという具合だ。また、立花氏によると同日天皇から最終的な戦闘行為停止の詔勅が出たという(p31)。

因みに、8月15日は、中国では「抗日戦争勝利記念日」、韓国では「光復節」となっているが、連合国では9月2日が対日戦争勝利記念日(VJ-Day)となっていて、ソ連(現ロシア)が9月4日がその日である。そう考えると、琉球列島守備軍が 、米軍司令部で降伏文書に調印したのが、9月7日であったのもそうした流れの一環であったろう。

さて、安倍政権下で文部科学省の一部の官僚が投げかけた「集団自決」論争で例年になく騒々しい沖縄戦「慰霊の日」を迎えたわけだが、その歴史の「偽造」について考えるうちに、自らもとらわれていた歴史の思いこみについて思いをはせてみた。

人間はいつか区切りをつけて過去と訣別しなければならない。そして、その訣別と同時に追憶がはじまる。一年に一度、その日を記念日として追憶・追悼をくり返すことで、その日、または、その日までにあったできごとを忘れないよう上手に忘れていくのであろう。

しかし、その日が見あたらないこともある。沖縄戦に関しては、いつそれが終わったのかが、それを追悼するひとにとって定かではない。いつそれを追悼すればいいか。その日は、それぞれの住民・遺族にとってさまざまである。

そして、今ひとつ。沖縄戦の「終結」は単に住民を巻き込んだ日本軍と米軍との戦闘の「終結」に過ぎない。それぞれの「その日」の後、間をおかず、米軍の占領統治がはじまる。これは、なるほど、戦争ではなかったが、軍事占領であり、日米共同での植民地化にほかならなかった。そして、朝鮮戦争、ベトナム戦争と他国の戦争と常につながった日々であった。それほど、戦争と戦争の類似的事象と隣り合わせの日々であった。そこで起こったさまざまな事件、事故は、1972年5月15日の「本土復帰」の日に清算されたわけではない。その清算されないという事実が、今日まで続いており、それがいつ終わるのか、全くのところめどが立っていない。

戦争はいつ終わったのか。それは、単純でありながら、考えれば考えるほど、解答不能の問でもある。

|

« 痴漢と憲法 | トップページ | 「戦闘用ではなく………」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33092/6905826

この記事へのトラックバック一覧です: 戦争はいつ終わったのか〜6月23日、沖縄戦「慰霊の日」によせて〜:

» 沖縄 戦争 [沖縄大好き!]
戦犯裁判で生き方問う 小泉堯史監督の新作「明日への遺言」朝日新聞「この作品は単なる戦争裁判映画ではなく、人間はどう生きるべきかと問いかける映画。戦争を知っている我々の世代からの遺言でもある」と強調する。 主演の藤田に... [続きを読む]

受信: 2007年7月21日 (土) 21:24

« 痴漢と憲法 | トップページ | 「戦闘用ではなく………」 »