« 例えその場に、立てなくとも、わたしは、わたしのできることを | トップページ | ふるさとの言葉〜長井健司さんの遺志〜 »

2007年10月 1日 (月)

1995年の出来事。

1995年。阪神淡路大震災。オウム真理教事件。そして、その年の9月、沖縄で起こった事件。それから、大田昌秀知事による代理署名拒否と日本政府(村山富市(社会党)内閣)との裁判闘争の始まり………。

この年も、沖縄で大規模な県民大会が開かれた。場所も、今回の「教科書検定意見撤回を求める県民大会」と同じ宜野湾海浜公園。

今回のできとは、確かに画期的で、新たな展開を予測させる出来事であった。しかし、2点、引っかかって仕方がないことがある。それは、今回の県民大会の参加任数を比較するときに1995年年のそれとの比較がなされることである。わたしが引っかかっているのは、1995年に起きた事件の名称がくり返されていることだ。

あの事件の当事者は、いまも、どこかで生活をしている。加害者のうち一人は、のちにも同様の事件を起こした挙げ句、自殺したという。その他の者たちは、どうやら今も生きている。そして、一方の当事者も。その方や関係者が、この報道をどう聞くだろうか。その配慮は、マスコミにはもないように思える。大会の主催者にも、その配慮はあるのだろうか。

それから、もう一つ。

きょうも、あるテレビで、キャスターが今回演壇に立った高校生の発言を引用している。あの2人の高校生の言葉は確かにインパクトはあった、しかし、キャスターなら自分の言葉で語らなければならないだろう(これは、自戒を込めた言葉です)。1995年の県民大会でも、やはり高校生の演説が、その後何度も、何度も、報道で引用されることになる。あの高校生は、のちに大学に進学し、もうとうに社会人になっているが、あの場に立って演説をしたことよりも、その後、たびたび自らの発言の断片がくり返されることで、人生を変えられたのではないかと、危惧している。

沖縄の、抱える問題は、その淵源がどこにあるのかと言うほかに、本当に重層している。差別や抑圧の構造は、何層にも折り重なり、主体・客体、すべて入り交じって、今も、なお、複雑化し、隠蔽され続けている。

|

« 例えその場に、立てなくとも、わたしは、わたしのできることを | トップページ | ふるさとの言葉〜長井健司さんの遺志〜 »

米軍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33092/8200053

この記事へのトラックバック一覧です: 1995年の出来事。:

« 例えその場に、立てなくとも、わたしは、わたしのできることを | トップページ | ふるさとの言葉〜長井健司さんの遺志〜 »