« 2007年8月12日 - 2007年8月18日 | トップページ | 2007年8月26日 - 2007年9月1日 »

2007年8月19日 - 2007年8月25日

2007年8月19日 (日)

初心

学会出席のため倉敷に来ている。明日は、金光町(現在は浅口市になっている)。

時折激しくなる雷雨の中、岡山で新幹線を降り、山陽本線の糸崎行きの普通電車に乗る。もう、20年近く前になるが、修士論文作成のためのフィールドワークで、何度も通った道程だ。修論完成の目算もなく、知り合いもなく、将来への明るい展望などさらさら無く、金もなかったわたしは、鈍行に乗り広島から岡山市や高梁市に何度も通った。そのたびに、同信の誼に甘えて、教会を泊まり歩き、信徒や牧師の方々の「施し」を受けた。

結果、出来上がった修論は、決して満足のいくものではなく、その後1年後度に2度も書き換え、3度目の正直で何とか修士課程を修了はできたが、博士課程に進むことはできなかった。それでも、一年間高校の非常勤講師をしながら、この道程でしばしばかみしめた、わたしの個人的な絶望を覆ってあまりある見ず知らずの人びとの厚情を思い出し、わたしの研究へ向けられた期待を胸に刻み、いつの日かと思っていた。そのことが、今、少しずつではあるが、かたちを変えてかないつつある。

庭瀬、中庄と懐かしい駅の名前を耳にしながら、懐かしい沿線の田園風景を眺めていると、太、研究をはじめたときの初心に返る。都会の喧噪と、公私の多忙にかまけて、薄れつつあった研究への闘争心、あるいは、渇望感が、何となくこの心に漲った感じがしてきた。

もともと、なにもない絶望の中から、研究をはじめたのであった。なにも望まず、ただひたすらに、忘れ去れようとすることを思い起こし、復元しようとつとめた日々。それが、この風景の中で甦った。

さて、明日から本番。どんな出会いがあるのだろうか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2007年8月12日 - 2007年8月18日 | トップページ | 2007年8月26日 - 2007年9月1日 »