« 2007年9月2日 - 2007年9月8日 | トップページ | 2007年9月16日 - 2007年9月22日 »

2007年9月9日 - 2007年9月15日

2007年9月15日 (土)

学会発表、終わりました。

今回は、「国家、地域、教会─沖縄キリスト教をめぐる2つの国家と地域社会─」というテーマ。

大会全体のテーマが、「国家とキリスト教」なので、従来論じられてきたのではない、新しい観点を提示したかったので、このテーマにした。一応、成功か。

いままで、「国家とキリスト教」というテーマなら、一国内のキリスト教と国家との葛藤が論じられるのが常であった。つまるところ、キリスト教は反国家的な宗教として国家から理不尽な弾圧を受け、敗北してきた。しかし、それはキリスト教が正しかったからで………。というわけだ。

「キリスト教が常に正しかった」などというのは既に幻想であって、歴史上は決してありえないことは明白で。その上、占領下の沖縄では、沖縄キリスト教に関わった国家は、少なくとも日本と米国で、2つもある。それから、沖縄の地域社会は、そのどちらかに属しているというと、やはり正解ではない。

その辺を、論じることを試みたのだが、詳細は、また後ほど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月13日 (木)

新しい発見

詳細は、いま、述べることはできないが、今回の東京行きで新しい発見があった。

戦後間もない東京で、「沖縄人キリスト教団」が設立されたというのだ。代表者になっている人物は南洋方面の伝道にも関与した人物らしい。

戦後、「沖縄人」ということをアイデンティティに廃墟の首都・東京でキリスト教団が設立された。日本基督教団から離脱したのだろうか。それとも、………。

詳細はわからないが、「沖縄キリスト教史」の射程は、さらに、入り組んで、遠くに広がっていく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月12日 (水)

アベ・ウォッチ〜最終回?〜

わたしが、東京にいるときは、何かが起こる。

多分、これが最終回にはなりません、でしょう。では、また、みなさん。

あさってから、また、東京です。多摩市の恵泉女学園大学で行われるキリスト教史学会で、研究発表です。また、なんか、大変なことが、起こらんとええけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

ホントかね

※ 安倍首相「海自の給油活動、継続できなければ退陣」

正気かね。ホンキかね。今度は、どんないいわけを考えているのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アタック!!〜闖入者へ〜

きのうの市民講座のことを書きたいと思うのだが、それは一日おこう。

さて、本日のアクセス数は、この時間で「133」。訪問者数は「5」。つまり、一人の訪問者が130回近くアクセスしていることになる。このブログは、1日あたり20アクセスあればいい方なのだが、大変なことである。

気になって、その一人の訪問者の「リモートホスト」を調べてみた。「[・・・・・・・・]marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp (東京)」。試しにyahoo!にかけてみた。「組織ぐるみ(?)でspam送信spam投稿 (株)全信協」だと。

何をたくらんでいるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月2日 - 2007年9月8日 | トップページ | 2007年9月16日 - 2007年9月22日 »