« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »

2007年9月16日 - 2007年9月22日

2007年9月19日 (水)

アベ退陣〜沖縄各紙の反応〜

【琉球新報】

【号外】安倍首相が辞意 自民党幹部に意向 カメラ (9/12 13:31)

号外(PDF、389KB)(9/12 13:31)

知事困惑「見守りたい」 安倍晋三首相の退陣 (9/13 9:39)

首相退陣表明 無責任極まる決断/最高責任者の見識を疑う (9/13 9:47 社説)

県経済界、自立政策停滞危ぐ 安倍首相退陣 (9/13 9:57)

【沖縄タイムス】

安倍首相が辞意/「国民の支持ない」(9/12 夕刊)

【安倍首相退陣】不可解で理解しがたい (9/13 朝刊 社説)

教科書・基地 期待と警戒/安倍首相退陣表明(9/13 朝刊)

「普天間」解決遠く/調印時 麻生氏は外相【写真】(9/13 朝刊)

【福田・麻生対決】「安倍政治」の総点検を(9/17 朝刊 社説)

・:*:・`☆、。・:*:・`★.。・:*:・`☆、。・:*:・`★・:*:・`☆、。

先日、沖縄に滞在していたときには、「米軍再編交付金」について沖縄が揺れていた。「再編へ理解が示されている」を条件に、防衛「相」がそれぞれの市町村を査定して、格差を付けて交付金をつけていくということだ。これは、あからさまな沖縄分断政策であり、基地反対派の排除政策である。

そのなかでのアベ退陣。首相が替わるたびに、また、内閣改造のたびに、首相や防衛「相」、沖縄担当相の沖縄政策を敏感に論じてきた沖縄の各紙。先の内閣改造で新しく就任した岸田文雄沖縄担当相についても、既に様々な要請をしてきた。しかし、アベ退陣で、それらもふりだしになりかねない。

そうそう、次期首相「候補」になっている麻生太郎自民党幹事長は、こんな発言もしている。

○国務大臣(麻生太郎君) 基本的には、例えば沖縄が爆撃された、隣国から、どことは言いませんけど、それに対して沖縄の米軍基地からその攻撃した国に対して攻撃をするというようなことはあり得るんじゃないでしょうかね。沖縄が仮に侵略されたとか、そういったことならあり得るんじゃないかということでしょうか。

東京・永田町で投じられた小石の波紋は、次第に大きくなりながら、「周縁」地域に伝わっていく。ましては、投じられたのが巨大な岩石なら、その波動の大きさは計り知れなくなってくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年9月9日 - 2007年9月15日 | トップページ | 2007年9月23日 - 2007年9月29日 »