« 剣道着で水泳を〜“謎かけのような息継ぎ”〜 | トップページ | 「記録する」ということ。 »

2008年2月21日 (木)

命は、守らない。そして、また、隠すのか。

在沖・日米軍兵士による、相次ぐ事件。ワザとか、と思われるほど続いている。誘拐・監禁・強姦、飲酒運転、家宅侵入、偽札使用………。きっと、もっと、続くだろう。そして、だめ押しが、海上自衛隊(海の日本軍)のイージス艦と釣り船との衝突事故。

軍隊は、人を守らない。このことは、既に周知のことだ。

無論、軍隊の中にも、市民・国民を守りたいと思ってその職に就いた人はたくさんいるだろうし、その志が軍隊に入ってからも変わっていない人もいるだろう。しかし、そのような志とは別に、軍隊の目的やシステムから見ると、軍隊に市民をどんなときも守らなければならない義務はない。軍隊にとって外に大事なことはたくさんある。そして、その国民の生命財産よりも大切なものを守ることを第一義的な義務として軍隊は存在している。その結果、救われる国民のあるだろうが、それは、あくまでも副次的なものでしかない。

さて、千葉の漁師さんたちが「軍艦」と呼ぶ巨大船に真っ二つ(実際には中央の環境部分が失われているので、残ったのは船尾部分と船首部分)にされた船は、現場検証のために何処に運ばれた、御存知だろうか。

答えは、「   神奈川県横須賀市の海上自衛隊船越基地」。

つまり、容疑者となり被告となる可能性の高い組織の排他的領域へと「犯罪」の証拠物になるであろうものが運び込まれている。そして、二転三転する、一方の当事者の「証言」と、いまだに発見されていない、つまり、肉声の聞くことができない他方の当事者。このアンバランスの中で、事実は隠蔽されようとしているのではないかと危惧する。

何年か前の潜水艦と大型釣り船の衝突事故では、航泊日誌が改ざんされたという。また、少し次元の違う話だが、「従軍慰安婦」や「南京大虐殺」、そして、以前にここでも触れた沖縄戦での「集団自決」などの諸問題でも、軍隊は、軍隊の上層部とそれに連なる政府機関は、国民の平和や唖然、安心のためではなく、自らの名誉を守り、ひいては、自らが所属する国家の名誉を汚さぬように、事実を隠蔽し、新しい事実を捏造し、それを文字に記し、敷衍して、歴史を作りだすことで、目的を達成しようとしてきた。

──また、隠すのか。(※ 例えば、ここ)

その、思いだけが、無念と一緒に募っていく。

|

« 剣道着で水泳を〜“謎かけのような息継ぎ”〜 | トップページ | 「記録する」ということ。 »

戦争」カテゴリの記事

軍隊・基地」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33092/10648916

この記事へのトラックバック一覧です: 命は、守らない。そして、また、隠すのか。:

« 剣道着で水泳を〜“謎かけのような息継ぎ”〜 | トップページ | 「記録する」ということ。 »