« 学恩〜恩師、急逝〜 | トップページ | 日本のキリスト教が抱える欠落〜わたしたちは、だれに、“寄り添う”のか。〜 »

2008年4月 5日 (土)

尊厳について〜4人の新入生に〜

みなさん、ご入学おめでとうございます。

みなさんは、入学式に出てびっくりされたではないかと思いますが、みなさんの同級生は4名です。たった4名。ではありますが、それをふまえた上で、なお、わたしはこのような事態をわたしたち教員や大学にとっても、無論、あなたたち新入生にとっても幸いなことであると思い、祝意を表したいと思います。

みなさんは人間の尊厳について考えたことがあるでしょうか。これは、難しいことではありません。みなさんが、これまで家庭で、若しくは、学校で、或いは、社会で大事にされてきたかどうか。また、みなさんが、それぞれの場で、他者を思いやり大切にしてきたかということです。人間は、それまでに自分がじゅうぶんに大事にされ、尊重された記憶があれば、多少の辛いことや悲しいことは乗り切ることができます。しかし、そのような経験や記憶がないと、自分を守れなくなったり、他者に対して暴力的に接するようになってしまうのではないかと思うのです。

さて、新入生4名に、教員が6名。これは、お互いにお互いのことをよく知り、励まし合い、尊重し合うのに最善の環境ではないでしょうか。わたしたちは、入学式で、早速みなさん全員の名前と顔を覚えることができました。これからも、みなさん方が、仲良く、ともに励み、ともに尊重し合うことを、わたしたちは望んでいます。そして、そのためにともに力を合わせたいと思っています。

|

« 学恩〜恩師、急逝〜 | トップページ | 日本のキリスト教が抱える欠落〜わたしたちは、だれに、“寄り添う”のか。〜 »

講義」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33092/12327085

この記事へのトラックバック一覧です: 尊厳について〜4人の新入生に〜:

« 学恩〜恩師、急逝〜 | トップページ | 日本のキリスト教が抱える欠落〜わたしたちは、だれに、“寄り添う”のか。〜 »