« 沖縄の「戦後」〜6・23を考える。〜 | トップページ | 今度は……… »

2008年7月10日 (木)

おたまは、おたまだけで、赤道を越えていくのか。

最近体の調子が今ひとつ。ひとつは、足が故障がち。もうひとつは、左目の下が頻繁にピクピク痙攣して、痛いというわけではないけれど、とにかく鬱陶しいかぎりです。

さて、そんなこんなで、ちょっとブルーな通勤電車で、もっと不快になるような広告を見つけた。タイトルは

「再び、赤道をこえるおたま」

ちょっと見ると料理に使う「おたま」がまな板の上に置かれている写真。何の広告なんだろうと目をこらすと、自衛隊の隊員募集の公告であった。細かな文字でいろいろ書いているが、ここでそんな者紹介する義理もないし、やめとくが、とにかく、姑息な広告である。

おたまが、おたまだけで、赤道を越えるなんてことはありえない。そう、赤道を越えていくものの問題性、それが赤道を越えることがどんなに問題であるかということを、一切捨象し、隠蔽しているかのように思える広告。きっとどこかの広告代理店の民間人が考えたのだろうが、そんなことが真理とおるご時世になったことに、冗談ではなく、戦慄を覚える。金さえもらえば、何でもやるのか。

カレーづくりや物資の輸送だけは、赤道を越えていく自衛隊の使命や目的ではない。それを、前面に出して人集めをしている。それにひかれて自衛隊に入隊したら、結果的に破壊や人殺しの訓練をさせられる。これは、詐欺的手法ではないのだろうか。または、偽装広告か。

|

« 沖縄の「戦後」〜6・23を考える。〜 | トップページ | 今度は……… »

軍隊・基地」カテゴリの記事

コメント

最近自衛隊の広告が可笑しいと私も思っていました。これまでのやり方と変わった感があるし、「平和を仕事にする」という謳い文句の広告に違和感すらを覚えます。うそ臭く、軽くて、ウワついてますbearing
どうも自衛隊にPR会社がついたような感があります。

投稿: 石油王 | 2008年7月10日 (木) 22:03

石油王さま、コメントありがとうございます。

そうなんですよ。でも、ネットで「赤道をこえるおたま」を検索すると、いい広告だという評価がありますね。批判的な意見はあまりないようです。

これって、一種の想像力の欠如ではないかと思いますが。

投稿: AI(one) | 2008年7月11日 (金) 17:05

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33092/22197804

この記事へのトラックバック一覧です: おたまは、おたまだけで、赤道を越えていくのか。:

« 沖縄の「戦後」〜6・23を考える。〜 | トップページ | 今度は……… »