« 出会い、再会 | トップページ | 忘れる速度ととどまること〜8・13と8・15〜 »

2008年8月 7日 (木)

ことばで伝える、広島8・6

63年目の「8・6」。この日の朝は、いつも、暑かった広島の夏を思い出す。

さて、最近、韓国からの留学生に広島のことを話す機会がありました。広島が、まだ、「廣島」だったころのいわゆる「加害の歴史」、原爆投下の経緯と理由、その後の「ヒロシマ」のことも話しました。また、広島・長崎での被爆と沖縄戦の比較、在韓被爆者など広島と韓国の関わりについても話をしました。

広島での出来事について写真集や編集されたビデオ(ちょうどわたしが広島で学生生活を送っていた頃「3フィート運動」というのがありました)など、視覚に訴えて話をすることも可能でしょうが、わたしは、文字と話にこだわりました。

広島大学の一般教養の講義であった「戦争と平和に関する総合的考察」で、二つの写真を見せられました。いずれもベトナム戦争時の写真でしたが、一枚はB52が爆弾を多数党化している写真、もう一枚は南ベトナム軍兵士が北のベトコンを射殺している写真。それらの写真を見せたうえで、講師はどちらの写真がより残酷であると思うか、学生に問いました。

大半の学生が後者の方が残酷であると答えたのですが、講師に指摘されずとも、前者に「写された多数の爆弾の行く末を想像すると、そこには阿鼻叫喚の地獄があり、多数の犠牲者が確実にいるのです。それなのに、目の前で殺されている一人の方が残酷だと、人間は思ってしまうのです。

だから、わたしは、文字とことばにこだわっています。

写真やビデオをただただ提示するだけでは、広島の被爆の意味が「戦争」に一般化されてしまう恐れがあります。また、徒に感情に訴えることは、単純なメッセージしか生みません。それは、それなりに力をもつのですが、わたしはそれに加えて考えてほしいことがありました。広島や長崎の原爆の特殊性を強調するためではありません。

戦争はどうして起こるのか。

その結末はどうなるのか。

そして、それを止めるために、自分や世界はなにができるのか。

そんなことを、これを機会に考えてほしかったからです。

さて、あしたから、また、「ヒロシマ紀元」からかぞえはじめた年数が一つ加えられます。

|

« 出会い、再会 | トップページ | 忘れる速度ととどまること〜8・13と8・15〜 »

広島」カテゴリの記事

戦争」カテゴリの記事

戦後」カテゴリの記事

コメント

確かに、目に見えることの方が残酷のように
一見感じてしまいますね。
これは盲点です。
今考えてみると、一番残酷なのは相手に
無関心であることのように思います。
爆弾などは最たる例かも知れません。

投稿: 石油王 | 2008年8月 7日 (木) 07:29

 こんにちは。某y専門学校の授業で、広島で暮らした学生時代、8月6日がどのようであったか、そこで何に気づいたかを話してくださいましたね。先日、初めて平和記念公園を訪ねたとき、その授業のことを思い出しました。(これまで他に誰も、そういう話をしてくれた人はいなかったです)

 「映像」はインパクトがあるけれど、そこには罠もある。どうすれば(メディアがお気軽に作り出すような「感動」とは異なる)共感や想像力を育てることができるのか。
 文字とことばをどのように使うことができるのだろう。ほんとに大きな課題です。(授業でビデオを使って「逃げ」がちな今の自分に釘を刺しておこう。)

投稿: こちゅかる子 | 2008年8月 7日 (木) 11:44

私の出身小学校は
6年生の修学旅行先が広島です。

もちろん、原爆ドームや
平和祈念館にも行きました。

毎年8月には「平和登校日」が
1日ありました。
お話はもちろん、映像や文字での
学習がありました。

このブログ記事を読んで
当時のことをいろいろ思い出したんですが。

映像や祈念館で観た写真などは
もちろん怖かった。
どう表現してよいかわからないので
「怖い」という形容詞しか出てきません。

ただ、道徳の時間に教科書で知った事や
祈念館でお話してくださったかたの
想いを聞くと、幼いながらも
興味を持って聞き入っていました。

自分たちの生まれる前の出来事。
実際に体験した人の想い。

それと家でTV画面に映るゲームの
1シーン。
今よりもリアルな映像ではないけれど。


決して同じところに並べてはいけない。

未だにこの時期になると
何も考えられない自分がいます。

投稿: 蒼衣 | 2008年8月 7日 (木) 16:55

石油王様、コメントありがとうございます。

何事も理性的に、対話を粘り強く続ける忍耐をもって、また、丁寧に説明することを心がけたいものです。

投稿: AI(one) | 2008年8月 9日 (土) 10:43

こちゅかる子様、コメントありがとうございます。

最近、広島に行かれたそうですね「某y専門学校」の学生(こちゅかる子さんの同級生)と、たしか卒業の春に広島を訪問したような気がするのですが、初めてだったのですね。

訪れることも重要ですが、住んでみるとまた違って見えてきます。

わたしも講義でごくたまにビデオ等を使うことがあります。その時には、その画像の背景や見方なんかを充分に説明します。また、そこには写っていないことについて、かなりな時間をかけて話をします。そうでないと、せっかくの教材が生かせないような気がしますが。

投稿: AI(one) | 2008年8月 9日 (土) 10:50

蒼衣様、コメントありがとうございます。

いろいろ、話をしてくださって、感謝します。「何も考えられない」といいながら、何かをすでにたくさん考えているようだし、何かを考えようとしているようですね。

なかなか、結論のでない問題なので、それでいいのではないかと思います。

投稿: AI(one) | 2008年8月 9日 (土) 10:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33092/22828922

この記事へのトラックバック一覧です: ことばで伝える、広島8・6:

« 出会い、再会 | トップページ | 忘れる速度ととどまること〜8・13と8・15〜 »