« 植村正久生誕150周年〜その遺産と今日の日本キリスト教界〜 | トップページ | 問われる歴史観〜首里教会創立100周年とベッテルハイム沖縄伝道162周年〜 »

2008年11月14日 (金)

月光の沖縄

ついさっき、沖縄に着いた。こんな時間に沖縄に到着するのは初めてだ。沖縄に近づいて飛行機が高度を下げると雲のなかにはいった。その雲の切れ間から街の灯りがちらちら見える。さらに高度が下がると、オレンジ色の街路灯が、曲がり曲がり、丘や谷を、うねうねといっている。

そして、那覇空港に着陸態勢にはいると、糸満から豊見城、那覇と飛行機は旋回し、断大高度を下げていく。すると、瀬長島あたりの海面に月光が反射しはじめた。幻想的、というよりも、ちょっとした、悪戯のように、月が、飛行機を追いかけ、月影が、飛行機を追いかける。

沖縄は、本当の、ウツクシイ。

|

« 植村正久生誕150周年〜その遺産と今日の日本キリスト教界〜 | トップページ | 問われる歴史観〜首里教会創立100周年とベッテルハイム沖縄伝道162周年〜 »

沖縄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33092/25332950

この記事へのトラックバック一覧です: 月光の沖縄:

« 植村正久生誕150周年〜その遺産と今日の日本キリスト教界〜 | トップページ | 問われる歴史観〜首里教会創立100周年とベッテルハイム沖縄伝道162周年〜 »