« 2007年12月30日 - 2008年1月5日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »

2008年1月13日 - 2008年1月19日

2008年1月17日 (木)

13年目〜阪神大震災、そして、許すこと、こだわらないこと。〜

阪神大震災から13年目。私事だが、この日はわたしの息子の誕生日でもある。彼は、震災後、六年して生まれた。その息子は、きのうからしきりに震災の日のわたしのことを聞いてくる。きょうは、小学校で震災のことを聞いてきたらしく、担任の先生の震災体験を話してくれた。

あらたまって、自分の震災体験を聞かれると困ってしまう。体験をしていない人に、何をどう伝えるのか。それから、わたしは震災の被害の周縁にいたので、命の危険を感じるような“被害”をうけていないこと。また、被災地にいたにもかかわらず、自分が出来ることさえ、じゅうぶんに出来なかったのではないかという慚愧の念に、いまでも時に苛まれることがあること。等々、いまだに語ることを躊躇する理由は幾つもある。

昨年、それまで溜まっていたことを一度書いてしまったので、少しずつだが、気持は軽くなっている。いつまでも恨み言を言うのはやめよう。そして、なすべきと子が出来なった自分を一端許して、今度同じようなことが起こった時にどう行動するか、それを考えながら、腹をくくろうと、いまは思い始めている。

明日から、東京。どうやらずいぶん寒いらしい。そして、旅先で、13年前のきょうと同じことが起こったら………。自分の命に、そして、隣人の命に、どれだけの配慮が出来るだろうか。自分も、みんなも、凡て、みんな、生き残り、生き抜こう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年12月30日 - 2008年1月5日 | トップページ | 2008年1月20日 - 2008年1月26日 »