« 謹賀新年 | トップページ | 忘れ得ぬ日 »

2009年1月 2日 (金)

「夕陽を追いかけ」られないで………〜故郷とアイデンティティ〜

チューリップの「夕陽を追いかけて」という曲がある。

しばらくぶりの ふるさとは
大きな街に 姿を変えていた

4年ぶりに生まれ故郷に来ている。どうも「かえってきた」という気がしないでいる。「からだをゆすって 走ってた/路面電車」は、今でも走っているけれども。この四国の街は、すっかり変わり果ててしまっていた。

もどっちゃだめと 自分に言った
切り捨てたはずの ふるさとだから

そうなんです。開発で変わってしまったわたしの生まれ故郷。子どもの頃に登った山の横っ腹にはマルで鼻毛が飛び出すようなトンネルが二つあき、空港から市街地にぬけるバイパスができている。それでも、たぶんそこに住んでいるひとは、ずいぶん便利になったのだろう。子どもの頃は大通りだと思っていたのに、いまは、曲がりくねった脇道になってしまった通学路。わたしは、そこを、毎日、往復5㎞歩いていた。

そこを、高校が終わると出て行くのだが、そのころすでに生まれ故郷を切り捨てる準備をはじめていたのだろう。生まれ故郷。そこには、今のわたしを型づくる鋳型のようなものがある。生まれ故郷を離れ、迷ったときに、悲しみに暮れ、途方に暮れるときに、思い出し、かえってきた生まれ故郷。

しかし、40をとおに過ぎ、「青春の影」がわたしから抜け落ちた今、その鋳型が、わたしの生き様に、すっきりと重ならなくなっている。変わり果て、暗い影が取り払われ、妙に明るくなった街並み。それでも、わたしが生きていた頃に、わたしが歩き、自転車で疾走したその街並みの痕跡が、断片的に残され、ゆくわたしの瞳に、写っては、途切れ、また写っては、途切れ………。そのたびに、苦く、酸っぱい思い出が口のおくによみがえってくるのだけれど。やはり、断片ではだめなのだ。わたしのこころの、わたしの生き様の「鋳型」、アイデンティティの核となるものは、現実に、きょう、4年ぶりに足をおろしたこの地には、完全になくなっている。

いつだって 真剣に
僕は生きて きたはずだけど
いつでも そこには
孤独だけが 残されていた

そう。たくさんの友だちや暖かい家族の愛情に囲まれつつも、わたしは生まれ故郷では、絶えず、孤独に苛まれていた。その孤独は、次第にわたしのなかから薄れつつある。護られていることから、護る立場に。そして、理解される/されないという想いから、理解しなければならない立場に。わたしの立場は、この何年かで、そう、劇的に変わった。

そんななかで、わたしの「鋳型」が、もし、どこかにあるとしたら、それは、この生まれ故郷で、かつて、認められ、許され、愛されてきた、その記憶のなかに、その過去のなかに、あるのだと思う。

さて、これから、旧友との再会である。

|

« 謹賀新年 | トップページ | 忘れ得ぬ日 »

証し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33092/26733276

この記事へのトラックバック一覧です: 「夕陽を追いかけ」られないで………〜故郷とアイデンティティ〜:

« 謹賀新年 | トップページ | 忘れ得ぬ日 »