« 忘れ得ぬ日 | トップページ | 【会場変更】「社会的コンテキストのなかのキリスト教」研究会 »

2009年1月21日 (水)

研究会のお知らせ〜「社会的コンテキストのなかのキリスト教」研究会〜

「宗教と社会」学会の分科会である、「社会的コンテキストのなかのキリスト教」の研究会を、下記のとおり開催いたします。

関心ある方ぜひお越しください。

                 記

日時:2009年2月28日(土) 14:00〜16:00

場所:同志社大学扶桑館 102号室
    同志社大学今出川キャンパス(http://www.d-theo.jp/access.html

発表者:
  (1)杉田俊介(同志社大学神学研究科博士後期課程)
      論題:ユニテリアン宣教師ナップにおける日本宗教観
      参考文献:
        土屋博政『ユニテリアンと福沢諭吉』、慶応義塾大学出版会、2004年
        (無記名)「ナップ氏の国粋論」、『日本人』18-22、1888-1889年。
        Arthur May Knapp, Feudal and Modern Japan, Yokohama:
        The Advertiser Publishing, 1906.
 (2)徐亦猛(関西学院大学大学院神学研究科研究員)
      論題:中国におけるキリスト教本色化運動ー本色化の実践についての考察
      参考文献:山本澄子『中国キリスト教史研究』、山川出版社、2006年、
            月刊誌『文社月刊』、
            Daniel H. Bays "Christianity in China-From the Eighteenth
              Century to the Present", Stanford University Press, 1996.

                                     以上。

|

« 忘れ得ぬ日 | トップページ | 【会場変更】「社会的コンテキストのなかのキリスト教」研究会 »

学会・研究会」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/33092/27355625

この記事へのトラックバック一覧です: 研究会のお知らせ〜「社会的コンテキストのなかのキリスト教」研究会〜:

« 忘れ得ぬ日 | トップページ | 【会場変更】「社会的コンテキストのなかのキリスト教」研究会 »