« 2014年9月21日 - 2014年9月27日 | トップページ | 2014年11月9日 - 2014年11月15日 »

2014年10月5日 - 2014年10月11日

2014年10月 9日 (木)

〔連載予告〕南島キリスト教史入門〜奄美・沖縄・宮古・八重山の近代と キリスト教〜 第1回

いよいよ、『福音と世界』の連載が始まりました。これから、24回の予定で近代以降の南島のキリスト教史について、島々を巡りながら、考えてゆきます。そのなかで、南島の自律した教会形成と伝道の構造を明らかにし、帝国日本の周縁部と植民地、移民先との交流により育まれてきた豊かなキリスト教信仰を表現できたらと思っています。

第1回は、「南島キリスト教の深さと広がり」です。

くわしくは、 福音と世界 2014年 11月号 [雑誌]をお買い求め頂き、ご覧頂きたいのですが、小見出しを書いておきます。

「南島」イメージとキリスト教
南島のキリスト教と、これから明らかにしたいこと
南島キリスト教史はどのように語られてきたか。
南島キリスト教史研究とわたし
南島キリスト教の深さ
南島キリスト教史の広がり
「南島キリスト教史」は可能か

初代ですので、対象の定義と、問題意識を示して、課題を明らかにしました。

みなさん、よろしく後批評ください。

なお、次回、第2回は「日本伝道の『橋頭堡』としての琉球─八重山キリシタン事件と琉球王国時代の宣教師─」の予定です。

なお、ココで、立ち読みもできます。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2014年9月21日 - 2014年9月27日 | トップページ | 2014年11月9日 - 2014年11月15日 »