カテゴリー「ブログ」の4件の記事

2008年5月 3日 (土)

歓迎!! 「2ch」御一行様

きのうから以上にアクセス数が増えています。
アクセス分析の「生ログ」の「リンク元」をたどると「2ch」のスレッドにわたしのブログのURLが貼られている模様。

そこからご新規さんがたくさん来てくれています。
どうかゆっくりしていって下さい。
なんのおかまいもできませんが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年3月21日 (金)

思わぬ出会いが………

きょうは、昨日のYさんにご教示を受けた文書を探しに、浦添市立図書館に。昨年末、いった西原町立図書館もそうだが、沖縄の市町村立図書館はそれぞれ個性的なつくりになっている一方で、郷土資料、沖縄学のコーナーが必ずある。

調べものは思いの外難航した。Yさんの記憶が曖昧で、教えて頂いた書名のキーワードがだいぶん違っていた。しかし、図書館のレファレンス室の職員の方のアドバイスで、「沖縄学」コーナー(2階)を探していると、Yさんのいわれていたものらしい文献に行きあたった。そして、必要事項をコピーして、申請用紙を「沖縄学」コーナーの職員に提出した。すると、

(職)沖縄のキリスト教についてブログを書かれているI先生ですよね。

(わ)はい、そうです。

(職)ブログ、拝見しました。

(わ)そうですか。それはどうもありがとうございます。

というような会話をして、名刺を交換した。Iさん、ブログ、読んで頂いてありがとうございます。

そのあと、このブログにちょっと書いていた沖縄の新聞に掲載されていたキリスト教関係記事のデータベースについての質問を受けた。このほかにも、わたしは自分の研究のために幾つもデータベースをつくっている。今つくっているのは、これまで収集した資料の記述のデータベースをもとにした、1940年代後半、米軍占領体制の発足期に当たるの沖縄のキリスト教の年表である。

それにしても、思いがけない出会いに、びっくりしています。それと同時に、こうして、今もどこかでこのブログを四手いただく方がいることを認識することで、これからもいい加減なことはかけないなぁと感じています。

さて、きょう行き当たった文献は『地方自治七周年記念誌』(沖縄市町村長会、1955年)。

「第一部 記録篇 文化」の「宗教」項には、仏教とキリスト教の戦後略史と当時の現況ニツイテの記録があった。そこでの気になる記述をいくつか。

先ず、戦後の仏教のことについて、わたしはほとんど知らない。1947年、「石川市の旅館で、沖縄民政府文化部の主催で第一回宗教家会議が開催され」とある。これについては、『うるま新報』の同年1月17日に「宗教協会生まる」という記事がある。この会議では、「当局」から、仏教とキリスト教が敗戦後の道徳上の問題について一致協力要請せいされていたが、「キリスト教伝道師の中の二、三人が『キリスト教を以て沖縄の国教とすべし』と提案したためにこの会合は失敗に終わった」とある。

1946年、仏教とキリスト教を中心に宗教連盟を結成する構想があったといわれているが、結局挫折している。翌年にも、このような会合が開かれたのだが、その間の事情はキリスト教側からの史料では余り見えてこない。その他、1949年に沖縄仏教会が護国寺で再組織。1951年、沖縄仏教会と沖縄キリスト教会(原文には「キリスト教連盟」とあるが、これは誤り)が主体となり「沖縄平和連盟」が結成され、「世界平和促進に協力」とある。1952年5月、仏教会とキリスト教会主体となって「沖縄救癲教会を創立」とある。

こうした仏教との協働の取り組みは、キリスト教会側の史料では、どういうわけか、余り記述がない。これは、米軍による占領下での両宗教の関係を象徴しているのかも知れないと感じた。

それから、キリスト教関係の記述についてもいくつか気になったことがあった。キリスト教に関しては、沖縄キリスト教会、バプテスト教会、沖縄聖公会、セブンスデー・アドベンチスト教会、カトリック教に分けて記述されている。沖縄キリスト教会の記述については、1940年代後半はほとんど當山正堅のキリスト聯盟とであるという印象がある。

以上。詳細については、またの機会にしたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 9日 (日)

アタック!!〜闖入者へ〜

きのうの市民講座のことを書きたいと思うのだが、それは一日おこう。

さて、本日のアクセス数は、この時間で「133」。訪問者数は「5」。つまり、一人の訪問者が130回近くアクセスしていることになる。このブログは、1日あたり20アクセスあればいい方なのだが、大変なことである。

気になって、その一人の訪問者の「リモートホスト」を調べてみた。「[・・・・・・・・]marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp (東京)」。試しにyahoo!にかけてみた。「組織ぐるみ(?)でspam送信spam投稿 (株)全信協」だと。

何をたくらんでいるのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月23日 (金)

トラックバック、トラックバック

最近なりを潜めていた訳のわからんとラックバックが、最近また増えはじめた。それにして、前のときには特定に記事について集中的にスパム業者からトラックバックがついていたので、その記事が気にくわない人がどこかにいるのだろうと思っていた。しかし、今度は、いろんな記事についてランダムに同じようなトラックバックがつけられている。

それにしても、このブログの主張や思想と相反することを書いたブログをいきなりトラックバックしてくるのはいかがなものかと思う。気にくわないのなら、コメント、のせてからにして欲しい。

このブログでは基本的に、スパム業者と思われるトラックバックについてはアクセス禁止にして削除しています。また、何らかの思想性を持ったものについては削除はしませんが、投稿者から何らかの意思表示があるまで公開はしません。悪しからず。

それにしても、コメントやトラックバックを通して思わぬ出会いを経験しただけに、とても残念です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)